札幌市南区常盤に新しくできた 体験型キャンプ&カフェショップ【sabi】

2021年11月28日
札幌市中心部から、支笏湖に向かう国道453号線。その途中の南区常盤に11月20日(土)にオープンした【sabi】は、キャンプ用品・アウトドア用品・ガレージブランド品の買取・販売・レンタル中心の、体験型キャンプ&カフェショップ。
この記事を書いた人
オサナイミカ
札幌生まれ・札幌育ちの、アルコールをこよなく愛するアラフィフ、小学生の息子の母。 (株)リクルートが発行する情報誌生活情報サンロクマル(現Hot Pepper)の営業を経て、 2007年よりWEB情報サイトSapporo100milesの編集長として、札幌や北海道の食と観光の情報を 【オサナイミカのつぶやき】にてアップしている。 http://sapporo.100miles.jp/mikaosanai/

今までにない、新しいカタチのアウトドアショップ

まだ新しい香りがする店内には、様々なメーカーのキャンプ用品が並んでいます。
こちらは【Hilander】の商品ですが、展示販売しているのは、北海道ではSabiだけとのこと。
ネットでほとんどのものが購入できる時代ですが、やはり実際に見て触れて、サイズ感などを確認できると安心ですよね♪
ランプも様々なメーカーのものを取り扱っておりますが、実は今はもう販売されていない、アンティーク商品などもあるのです^^

買い取りもやっています

Sabiではキャンプ用品の買い取りも行っていて、このようにアンティークな商品が並ぶこともあるのです。
買い取りは店頭をはじめ、札幌市内や札幌近郊の地区であれば出張買取も行っているそうです。
ちなみにこちらは、昔船頭さんが使用していたライトなんだそうです!
部屋に飾っておくだけでもステキですっ

made in HOKKAIDOの商品も揃っています

こちらは【1/f SPACE】の焚き火台
焚き火には、『ゆらぎ』の癒し効果がありますが、この焚き火台を使用したら、さらに癒されそうです!!
こちらのランプシェードは、【WHAT WE WANT】の商品
Sabiの公式サイトによると、『創業30年を越える旭川家具メーカーインテリア北匠工房の職人有志が、インテリアとしての家具づくりで得た高い技術力、感性、素材を見極める目、そして、身近に豊かな大自然のフィールドがある北海道という環境を活かし、 使い手として本気で「欲しい」と思えるアウトドアを楽しむための道具をつくるガレージブランド』とのこと
このように、他ではあまり並んでいないキャンプギアを取り扱っているので、眺めているだけでもワクワクしちゃいます^^
それにしても、キャンプ用品はとりあえず一通り持っているという方でも、つい買いそろえたくなるようなステキなものが多い!!

カフェ併設が嬉しい♪

例えばファミリーでアウトドア用品を見に行ったとき、お子様やお母さんが途中で疲れてしまって、早く帰ろうと言われたりするお父さん、きっといらっしゃいますよね(笑)
Sabiは、どんな方にも楽しんでもらえる空間にしたいということで、カフェが併設させています
しかもテーブルとイスは、Hilander!!
休めて、実際の使用感も確認できるなんて、嬉しい限り♪
コーヒーだけでなく、カレーやローストビーフ丼、ラップサンドなどのお食事メニューもあるんです^^
まるで、キャンプをしている雰囲気で味わえますよ!
もちろん、カフェだけの利用も可能ですので、レンタカーやキャンピングカーなどで支笏湖方面にドライブする途中などに、ふらりと立ち寄ってみてください^^

巻割りや火起こし体験もできる屋上

Sabiには何ともステキな屋上スペースもあるんです!
タープ下のテーブル席は、2時間6000円(6名まで)で借りられるようになっていて、事前に予約すると手ぶらでBBQなども楽しめるそうです。
カウンター席は無料で利用できるので、コーヒーをここで楽しむことも可能。
そして、巻割りや火起こし体験なども随時開催中とのこと!
子どもはもちろん、大人も童心に帰れる、ワクワクが溢れる空間なのです^^
営業時間は11:00~19:00で、不定休とのことですが、冬の間も営業していますので、来シーズンのためにキャンプギアを準備したり、アウトドアのことで気になっていたことをスタッフさんに相談してみてはいかがでしょうか?

ジェラート好きを悩ませる立地

Sabiの裏手には、物産展などでも人気の【RE di ROMA plus】があります。
そして、Sabiより札幌寄りの石山東にあるのが、【ジェラート果林樹
仙丸という全国の焼酎や日本酒、日本ワインなどを取り扱っている地酒屋さんの中にある、人気のジェラート屋さん。
どれもおいしそうで、何度来ても悩みまくりです^^;
さすが、酒屋という感じで、アルコールの効いたジェラートもあるのです^^
私はいつもドライバーなので、食べられないことが多いのですが・・・
今回は秋の味覚ということで、安納芋を使用した焼き芋と柿、それと彩も考えてフルーツ山をセレクト
どれもおいしいのですが、今回は安納芋の圧倒されるほどの甘さに全部持っていかれました(≧▽≦)
これは、もなかにして単品で食べる方がイイかもしれない・・・

と、冬こそアイスクリームを食べる回数が増える道産子です(笑)
この記事を書いた人
オサナイミカ
札幌生まれ・札幌育ちの、アルコールをこよなく愛するアラフィフ、小学生の息子の母。 (株)リクルートが発行する情報誌生活情報サンロクマル(現Hot Pepper)の営業を経て、 2007年よりWEB情報サイトSapporo100milesの編集長として、札幌や北海道の食と観光の情報を 【オサナイミカのつぶやき】にてアップしている。 http://sapporo.100miles.jp/mikaosanai/

リンク

sabi

記事一覧

気軽に冬キャンが楽しめる、都市型アウトドアスポット【ホリッパ】
札幌中心部から車で30分のウィンターアクティビティ天国!【とれた小屋ふじい農場】
冬の函館山登山!雪があっても登りやすい!
1日1グループ限定のキャンプ場【Starlight Camp-place】
札幌市南区常盤に新しくできた 体験型キャンプ&カフェショップ【sabi】
非日常の中で日常を楽しむ~【GLAMPING HILL A-GATE】
パパ&ママはもちろんキッズも満足!【アルペンアウトドアーズ】
冬こそサウナでととのう!!【シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ】
【車中泊・キャンプ】in北海道ふくろう乃湯リゾート
もっと身近に感じたい。【サケ・サクラマス】の世界
春夏秋冬・いつでも楽しい!!【滝野すずらん丘陵公園】
サンタランドの町・広尾町
ワイン特区・余市でぶどう収穫ボランティアを体験する
思わず暮らしてみたくなった【キトウシ森林公園家族旅行村】
【ナルゲンボトル】おしゃれな容器と一緒にドライブ&アウトドアを楽しもう
進化し続ける、ニセコ・倶知安の今の楽しみ方
キャンプ場にカフェ、蕎麦屋まで!さらに蒸溜所もある紅櫻公園
くだもの狩りを堪能!【壮瞥町】
小さなお子様でも楽しめる、円山登山(八十八ヶ所ルート)
【江ノ島海岸】ちょっとマイナーな道央の青の絶景を楽しむドライブ旅

トップへ戻る