札幌手稲にキャンプリゾートOPEN!!【HORIPPAホリッパ】

2021年07月14日
~札幌市内から20分という立地で「キャンプ」で大切な人と過ごす。~ これが、ホリッパのコンセプト。 2021年7月15日(木)にグランドオープンする【ホリッパ】は、札幌市手稲区にある前田森林公園のお隣にあります。
この記事を書いた人
オサナイミカ
札幌生まれ・札幌育ちの、アルコールをこよなく愛するアラフィフ、小学生の息子の母。 (株)リクルートが発行する情報誌生活情報サンロクマル(現Hot Pepper)の営業を経て、 2007年よりWEB情報サイトSapporo100milesの編集長として、札幌や北海道の食と観光の情報を 【オサナイミカのつぶやき】にてアップしている。 http://sapporo.100miles.jp/mikaosanai/

『ここに場所にキャンプ場が?!』と、驚きの声

↑まだ、造成真っ最中の時の写真
新川通り沿いにあるので、よく車で通る札幌市民としては、この場所にキャンプ場が?!と、なんとも不思議な気持ちに。
ホリッパはフリーサイトやオートサイト、ペット可能なサイトなど、様々なタイプのキャンプが楽しめるようになっています。
札幌市内だって、素敵な夕焼けや星空が堪能できます^^
また日帰りプランや、さらに滞在時間の短いランチプランなどもありますので、いつもと気分を変えて家族や友人と食事を楽しむことも出来るのです。
↑こんな風景を眺めながらのランチとか、最高じゃないですか^^
ちなみに施設内では、ドリンクフルーツけずり(かき氷)の販売も行っていますよ♪
そして敷地内には体験用菜園が併設されているので、植付けや収穫体験もでき、さらに収穫したての野菜でBBQを楽しむことが出来るのです。
これは、お子様も喜びそうですね♪
また、ホリッパには3タイプのテントを設置した、グランピングサイトもあるのです^^

手ぶらキャンプだって可能

グランピングプランは、パジャマ以外のものはほとんど揃っておりますので、仕事帰りに手ぶらで利用することも可能なのです。
さらにA・Bタイプには、五右衛門風呂も完備されているそうですよ!
もちろん、夕食と朝食もプランに組み込まれています。
ドリンクは別料金ですが、こんな感じで生ビールも楽しめるようです。
この場所なら、疲れを残さずそのまま会社や学校に行くというのも可能だったりするのです^^
こちらは施設内の簡易トイレ

ホリッパには排水設備がないこともあり、エコキャンプ場として運営しているそうです。出来るだけ水を使わないように紙製品を利用したり、プラ製品にしても紙で拭いてから洗う、 洗う場合もエコ洗剤を利用するなど、昔ながらの、そして今の時代の流れに沿った自然に優しいキャンプ場。利用する皆様には、そんな学びも感じていただけたらと願っているそうです。
施設内にあったトラック。何に使用するのか聞いてみたところ、『基本的に水運んだりする用なのですが、場内案内とか、荷物運んだりにも利用していけるかなーと・・・実はノープランで面白いから作っただけなんですよ!』という回答が。
まだまだ出来立てホヤホヤの施設なので、これからどんどん進化しそうな匂いを感じています^^

ちなみにホリッパは会員制。
最初の予約の際に500円をお支払いすると会員に登録される仕組みです。
※みんなが気持ちよく利用できるよう、会員登録の前に、規約等
(https://horippa.com/Term.php)をしっかりとお読みくださいね^^
この記事を書いた人
オサナイミカ
札幌生まれ・札幌育ちの、アルコールをこよなく愛するアラフィフ、小学生の息子の母。 (株)リクルートが発行する情報誌生活情報サンロクマル(現Hot Pepper)の営業を経て、 2007年よりWEB情報サイトSapporo100milesの編集長として、札幌や北海道の食と観光の情報を 【オサナイミカのつぶやき】にてアップしている。 http://sapporo.100miles.jp/mikaosanai/

リンク

記事一覧

春夏秋冬・いつでも楽しい!!【滝野すずらん丘陵公園】
サンタランドの町・広尾町
ワイン特区・余市でぶどう収穫ボランティアを体験する
思わず暮らしてみたくなった【キトウシ森林公園家族旅行村】
【ナルゲンボトル】おしゃれな容器と一緒にドライブ&アウトドアを楽しもう
進化し続ける、ニセコ・倶知安の今の楽しみ方
キャンプ場にカフェ、蕎麦屋まで!さらに蒸溜所もある紅櫻公園
くだもの狩りを堪能!【壮瞥町】
小さなお子様でも楽しめる、円山登山(八十八ヶ所ルート)
【江ノ島海岸】ちょっとマイナーな道央の青の絶景を楽しむドライブ旅
広い空と広い丘、そして灯台のある場所・石狩
空港のある町【東神楽町】のオイシイところ・イイところ♪
【平取町のオイシイモノ】
アイヌ文化が日常に溶け込んでいる町・【平取町】
【9割が森林のまち・下川町の知られざる魅力】
道央地方で一番ラクに登れる山へチャレンジ!【樽前山(たるまえさん)】
この時期、絶対に立ち寄って欲しい【野菜の駅ふれあいファームしのつ】
札幌手稲にキャンプリゾートOPEN!!【HORIPPAホリッパ】
手ぶらでアウトドア飯が楽しめる【マウンテンマン】
道の駅巡り
2021/05/13

道の駅巡り

トップへ戻る